• ホーム
  • 年齢から見る、日本人のEDの特徴と現実

年齢から見る、日本人のEDの特徴と現実

EDは年齢によって特徴が違います。
中高年は糖尿病や高血圧などの身体的な理由からEDになる割合が高いです。
しかし、最近は日本人特有の現象で若者のEDも増えています。EDは基本的に年齢が高いほど割合が高くなります。
それは代謝が上手くいかず、呼吸が切れてそもそも行為を行う体力がなくなるせいもあります。
それによって、自信をなくしてしまいます。日本人には年齢別に様々な問題を抱えているのです。
日本人の最大の特徴は若者によるEDの増加です。代謝のよく、性的関心も高い時期であるのに何故でしょうか。
それは、アニメや漫画といった文化が若者の間で日常的に広まったのが原因として大きいとされています。
個人の価値観もありますが、アニメや漫画の絵に興奮を覚えてしまう内に現実の女性といざ行為に及ぼうとすると日常とのギャップで精神的な理由でEDになる人が増えています。
中高年は代謝が悪くなり、糖尿病や高血圧で射精時になる前にそのものが機能しないEDの割合が高くなります。
また、中高年でも射精時に至る前に射精を行えない状態になるなど、射精時にするのに不自由となるEDの割合も増えてきます。
高齢者といわれる年齢となると一般的に性行為は行わないと思われているのが、日本人の特徴です。
若者や中高年でEDで悩んでいることは許されていても、高齢者はそんなことを悩むことがいやらしいと見られてしまいます。
高齢者は糖尿病や高血圧である確率も増え、割合としてはEDでることが多いです。
しかし、日本人の特徴とは別にそれでも性的快感を求める高齢者は割合としては多いのです。
年齢と日本人の特徴によって若者と中高年と高齢者の理由は違ってきます。
しかし、一般的に年齢が上がるにつれて割合が高くなるリスクが高まるという基本原則の現実は変わりません。
それでも草食系男子という言葉が流行ったこともありますが昔に比べると日本人の発症リスクは若者にも増加しています。

若者のEDと中高年のEDは違う?

一言でまとめるなら、若者のEDには心因性の割合が高く、中高年のEDには器質性の割合が高いと見ることができます。
若者の場合は経験不足による精神的なプレッシャーが、大きな影響を及ぼしていると考えられます。
射精時に早漏などで一度自信を喪失してしまうと、次も失敗するのではないかと不安になり、それが重なって勃起しなくなるわけです。
童貞のまま結婚すると、新婚EDになりやすいとも言われています。
神経質な人は心因性のEDになるリスクが高く、仕事や家庭で人間関係に悩んでいると、さらにストレスを受けることになります。
これは年齢が上がっても同じですが、中高年はストレスの発散に慣れているだけEDになりにくいと言えます。
また実際の経験が少ないうちに過激なポルノに慣れてしまうと、興奮を促す脳内ホルモンが出にくくなり、心因性のEDに繋がるという見解もあります。
一方で中高年の場合は、高血圧や糖尿病によって動脈硬化が起こり、ペニス周辺の血流が阻害されることによって、勃起不全になるケースが多いと考えられます。
さらに50代になると男性も更年期を迎え、男性ホルモンの分泌量が減少してくるため、性欲そのものも衰えてくることがあります。
根本的に治療するには、生活習慣を見直し代謝を改善する必要があります。
年齢別にみた日本人のEDの特徴は以上のようになりますが、ED治療薬は心因性のEDにも器質性のEDにも有効です。
とりわけ心因性の場合は何度か使用して自信を回復すれば、薬に頼らなくても勃起するようになります。
器質性の場合は性行為のたびに治療薬を適切に用いながら、原因となっている生活習慣病を治療し、体質を改善していくことが大切です。